HANANINGEN®CHIBA~Sia-fluer~だけの特典

多くのHANANINGENアーティストから、
選んでいただいた感謝を
どのように皆様に還元できるかと悩み、

HANANINGEN®CHIBA~Sia-fluer~だけの

特典を用意いたしました。

  1. 発芽時に使用した花材のお持ち帰り
  2. 花の定期便「FORSTY]の会員様は、発芽料を「10%」お引きいたします。
  3. 発芽様自身が「現住所が千葉県在住者」の方は、発芽料を「5%」お引きいたします。
  4. 発芽様自身がHANANINGEN®CHIBAにて2回目以降のリピーター様は、発芽料を「5%」お引きいたします。
  5. 発芽月が「お誕生月」の方には、「花瓶」のプレゼントがあります。

6月以降の発芽開始より
実施させていただくにあたり、
それぞれの経緯をお話たします。

花材の持ち帰りは皆様へお花の興味を持って欲しい為


HANANINGEN発祥でもある札幌本店の「GANON」は、

HANANINGENプロジェクトの根本を
世界一花を愛する国を創る」という
コンセプトのもとこの撮影は始まりました。

お花を好きでいる人が増える事で、

自然や環境の事、動物などの生き物などにも
目を向ける方が増えてくれるよう、

お花を使った撮影を通じ
自然と人の優しい循環の活動している
プロジェクトです。

その意志に賛同し、撮影経験を経てHANANINGEN®CHIBA~Sia-fluer~は
生まれました。

発芽した後の質問で、実は多く聞かれるのは

この後お花はどうなるのですか」と
よく聞かれます。

皆様とご一緒するために用意した花ですから
発芽に使用していない花も数本は残ります。

SDGsの観点からもロスフラワーをなくすことは
大切な事なのですが、
同じくらい皆様にはお花を自宅でも
楽しんでもらう事が1番いいと考えました。

私自身も札幌本店で発芽当時は花の名前すらも
知りませんでしたが
不思議と発芽した後は、花の事が気になってきます。

始めは「気になる」でいいんです。

お花が好きな方もいれば、木が好きな方もいます。
自然そのものが好きな方もいます。

何より自宅に帰って花を楽しみ、撮影データが来るまでの時間を共に過ごせます。
楽しかった時間が形を変えて継続します。

ほんの気持ち程度ですが

千葉へ発芽に行くと花がもらえる
そんな気持ちで楽しみに来ていただけると

嬉しいです。

きっかけは撮影でも、1人でも多くの方が
お花をより身近に感じていただけるような
きっかけになればと願っております。

「FORSTY」会員様への特典


花の定期便「FORSTY

お花を飾るほど、森に木が増える。
「お花のサブスク」です。

毎週お花を飾ってくださっている
お花を愛する会員の皆様。

会員様の発芽時には特別に「10%」発芽料から
お引きいたします。

発芽予約時にはご遠慮なくお申し付けください。

FORSTYの詳細に関しましてはこちらのリンクから。

花の定期便 FORSTY

千葉県民の方・リピーターさんへの特典

私自身は北海道出身で、移動してきて4年目で
まさか千葉県でこのように起業するとは
思いませんでした。

千葉県は大変居心地がよく、良い所です。

何か千葉の地元の方に喜んでいただける事として
考えたのが

現住所が千葉県在住」の発芽様は
発芽料から「5%」お引きいたします。

そして、HANANINGEN®CHIBAを
再度利用してくださるリピーター様へも
同じく「5%」お引きします。

※なお割引の併用は不可となっております。
FORSTY会員で千葉県の方は、
FORSTYが割引率が大きいため10%となります。

リピーター様の割引は
「発芽様自身が2回目以降の撮影」が対象です。

 

お誕生月特典は「花瓶」

HANANINGEN®CHIBAではお花の持ち帰りが出来ます。

私が発芽体験をした頃は、
自宅に花瓶は勿論ありませんでした。

お花に興味が出てくると
実は次に可愛い花瓶がないかなと・・
気になり始めます。

素材や大きさは様々。
デザインも個性的な物からシンプルなものまで
沢山あります。

器選び」も楽しみになってきます。

基準はどんな家にも合うシンプルな物。
お花以外にも利用できそうなデザインのもの
を用意いたします。

また、花の定期便 FORSTYにも花瓶のオンラインショップが
ございますので、そちらも併せてリンクよりご覧ください。

花の定期便 FORSTY 花瓶

お誕生日月は特別です。ささやかながらですが
ご活用いただければと思います。

どんな形が手にできるかは
楽しみに待っていてください!!

※なお包装はエコロジーの観点から
簡易包装とさせていただきますので
ご了承くださいませ。